manapedia
元禄文化の学問
著作名: ひろぽん
7,716 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

江戸時代に入ると、戦国時代のような争いもなくなり平和な世の中になっていきました。政治のありかたも、武力をもって行う武断政治から、学問をもって行う文治政治という方法に変わっていきました。その中で重宝された学問が儒学で「あり、その中から朱子学陽明学古学らが誕生しました。

学問主な学者
朱子学林羅山・木下順庵・新井白石・貝原益軒・山崎闇斎
陽明学中江藤樹・熊沢蕃山
古学山鹿素行・伊藤仁斎・荻生徂徠


このほかに歴史学という学問もさかんで、水戸藩の藩主であった徳川光圀(水戸黄門)が「大日本史」を、新井白石が「読史余論」を作ったということも覚えておきましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
4_197 元禄文化の学問
10分前以内
>




中学社会 歴史