manapedia
顕微鏡をつかうときの注意点
著作名: かたくり工務店
10,024 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

顕微鏡

ALT


顕微鏡をつかうときの注意点についてみていきましょう。

レンズの倍率を知る

顕微鏡には、接眼レンズ(写真の1)と対物レンズ(写真の3)と呼ばれる2つのレンズがついています。顕微鏡をのぞいたときに試料がどれくらいの大きさで見えるか(倍率)は、
接眼レンズの倍率×対物レンズの倍率

で求めることができます。10倍の接眼レンズと40倍の対物レンズを使ったときの倍率は、10×40=400倍の大きさで見えることになります。

ちなみに接眼レンズは、倍率が高くなればなるほど筒が短くなるのに対し、対物レンズは、倍率が高くなればなるほど筒は長くなります。

見えるものは上下左右さかさま

写真のような筒型の顕微鏡(鏡筒上下式顕微鏡)をのぞいたとき、見えるものは上下左右がさかさまになります。ですので、もっと右に試料を動かしたいと思ったらプレパラートを左に、上に動かしたいと思ったらプレパラートを下に動かさなければなりません。

太陽の光に気をつける

顕微鏡を使っているときに、太陽の光が入ってくるととても危険ですので、太陽の光を直接とりこまないように注意しましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科