manapedia
現在進行形「いま、〜しているところです」
著作名: みかん
8,072 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

現在進行形は、「いま、〜しているところです」のように、
「現在行われていること」を表す言い方です。

例えば、「今何しているの?」と聞かれたときに、

I am studying English.
(私は英語を勉強しています。)

と答えることができます。

現在進行形は、「be動詞 + 〜ing」の形になります。

be動詞は、主語(I、you、he、Tomなど)によって変化します。
Iなら「am」、youなら「are」、heやTomなら「is」でしたね。

そのあとに、「〜ing」をつけた動詞を持ってきます。
studyなら、studyingとなります。

Question:
次の文の( )には、何が入るでしょうか?
He (  ) (  ) soccer.
(彼はサッカーをしています。)


答えは、「is playing」です。

では、もう一問。

Question:
次の文の( )には、何が入るでしょうか?
We (  ) (  ) a lunch.
(私たちは昼食を食べています。)


答えは、「are having」です。

「have」のように、「e」で終わる動詞の場合は、
「e」を取って、「ing」をつけます。
「come」→「coming」、「make」→「making」なども同じです。


また、「run」→「running」のように、動詞の最後の文字を重ねるものもあります。
こちらは、覚えてしまいましょう。
「stop」→「stopping」、「swim」→「swimming」なども同じです。


現在進行形は、「現在行われていること(=動作)」を説明するときに使います。
live(住んでいる)や、know(知っている)のような、状態を表す動詞では使わないことにも注意しましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語