manapedia
名詞構文2-have+動詞の形をした名詞-
著作名: 茶ップリン
6,267 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

名詞構文について2回目です。前回のテキストでは、抽象名詞を使った名詞構文を紹介しました。今回は、have+動詞の形をした名詞の名詞構文を紹介していきます。

1:Let's have a break.
※休みをとりましょう。

2:Can I have a look?
※(お店で)それを見せてもらえますか?

例文1の"break"は"壊す"という意味の動詞ですが、ここでは"休み"という名詞として使われています。同様に例文2の"look"は"見る"という動詞ですが、"ひと目"という名詞で使われています。このようにhave+動詞の形をした名詞の形をした名詞構文をここではみていきます。ちなみにhaveの代わりに"take"、"make"、"give"を用いることもあります。
動詞の形をした名詞

動詞の形をした名詞を含んだ例文を紹介しましょう。

【◆look】
May I have a look?
※それを見せてもらえますか?

【◆rest】
You should take a rest.
※君は休んだほうがいいよ。

【◆speech】
Luther King made a speech called "I have a dream."
※キング牧師は、「私には夢がある」という演説をしました。

【◆break】
Give me a break!
※(口語表現で)ちょっと待ってくれよ!


見てみるとわかるように、名詞構文としてではなく1つの熟語として覚えているものもたくさんあるかと思います。大事なのは名詞構文かどうかではなく、きちんと英語として使えるかどうかです。
まとめ

have+動詞の形をした名詞の形を覚えておく

動詞の形をした名詞を知っているか


この2つが名詞構文をうまく理解するポイントです。次回は"形容詞+人"の名詞構文についてみていきます。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語