manapedia
江戸の三大改革-天保の改革-
著作名: ひろぽん
61,737 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

江戸時代には、三大改革と呼ばれる改革があります。改革とは幕府の政策のことです。その三大改革とは、享保の改革寛政の改革天保の改革の3つです。この3つの改革の違いがよく出題されますので、おさえときましょう。

このテキストでは、天保の改革の思想・経済政策の2つの視点からこれらの改革をみていきます。
天保の改革

天保の改革は、老中水野忠邦を中心におこなった政策です。
ALT

【改革の思想】

・三大改革ではどれもそうですが、倹約令を出して国民に倹約させることを改革の思想としました。

【経済政策】

上知令を出して幕府の力を復活させるために、全国に散らばっていた幕府が支配していた土地を江戸や大阪周辺にまとめようとしました。これによって領地が変更になる大名から大ブーイングをくらい上知令が実施されることはありませんでした。

・江戸には全国から仕事を求めて人が多く集まっていましたが、あまりにもあふれすぎていて、仕事にはつけず治安が悪くなっていました。また地方では働き手が少なくなり米を作る農家が少なくなっていました。そのために人返し令を出して、地方出身者を自分の村に返して農業をするようにさせました。

・高騰していた物価をおさえるために、物価を決めていた株仲間を解散させる株仲間解散令を出しました。しかしそれまでの物流システムをこわしてしまい、よけいに景気を悪くさせてしまいました。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学社会 歴史