manapedia
『新しき年の初めの初春の 今日降る雪のいやしけ吉事』現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
73,450 views
はじめに

このテキストでは、万葉集で詠まれている「新しき年の初めの初春の 今日降る雪のいやしけ吉事」という歌について説明していきます。

原文

新しき年の初めの初春の 今日降る雪のいやしけ吉事

現代語訳

新しい年の初め、初春の今日降る雪のように、良い事もたくさん積もれ

解説

この歌は、奈良時代の歌人大伴家持(おおとものやかもち)によって詠まれた歌です。これが大伴家持が最後に詠んだ歌と言われています。大伴家持は、万葉集の作成にもかかわっていました。

当時、新年に降る雪は縁起がよいとされていました。このことから、縁起のよい雪と同じように吉事(「よごと」と読みますが、良い事の意味)もたくさんふりかかってきますようにと願いをかけた歌なのでしょう。





このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語