manapedia
"Don't~"を含む文を直接話法から間接話法へ書き換える
著作名: 茶ップリン
5,189 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

このテキストでは、"Don't~"を含んだ文を、直接話法から間接話法に書き換えてみましょう。

1:The teacher said to him,"Don't sleep in the class."
※先生は彼に、「授業中に寝るな」と言いました。

この直接話法の文を間接話法に書き換えると、次のようになります。

2:The teacher told him not to sleep in the class.


「,"~"」の中が命令文のときには、"say"のかわりに"tell"を使うようにします。そして一番注目すべきなのは、"not to~"を用いている部分です。

say to A,"Don't~"は、間接話法に書き換えたときに
"tell A not to~"に変化させるようにします。


ちなみに「,"~"」の中がただの命令文の場合には"not"をつけずに
"tell A to~"となりますので覚えておきましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語