manapedia
直接話法と間接話法
著作名: 茶ップリン
4,813 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

BくんとCさんが話しをしていたとしましょう。そのときBくんがこんなことを言いました。

「A君が、昨日映画に行ったんだと言っていたよ。」

また、言い方を変えてこんな風にも言いました。

「A君が、昨日映画に行ったと言っていたよ。」

この2つの文は、言いたいことは同じですが、言い方が異なっています。一方では"「」"に囲まれたものがありますが、もう一方ではそれがありません。 ①の文はBくんが、BくんとCさんが話をする前に、AくんがBくんに向かって口にした「昨日映画に行ったんだ」を引用してそのまま第3者であるCさんに伝えているのに対して、②の文ではAくんが言ったことを、Bくんが自分の言葉に置き換えて第3者であるCさんに伝えています。これらを英文にすると、次のようになります。


A said,"I went to the movie yesterday."

A said that he went to the movie yesterday.


①の文では、Aくんが言ったことを引用して「,"~"」の中に書いてありますね。この表現方法を直接話法と言います。一方で②の文ではAくんが言ったことを、Bくんが自分の言葉に置き換えて第3者であるCさんに伝えています。そのために①の文では「,"~"」内の主語が"I"だったのに対して②の文では"he"に変わっています。話し手であるBくんからすればAくんは"he"になるからです。この表現方法を間接話法と言います。

直接話法では「,"~"」の中に引用して伝えたい内容を入れます。間接話法では「,"~"」のかわりに接続詞thatを用いて文を広げます。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語