manapedia
「水圧」と「水圧の計算」
著作名: かたくり工務店
73,739 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

水圧とは

水の中で働く圧力のことを水圧と言います。例えば海に潜っていくと考えましょう。海面近くだとあまり圧力を感じませんが、実は10cm潜るごとに1㎡あたり1000Paの圧力がかかってきます。地上よりもさらに約0.01気圧分体に負荷がかかるということですね。100m潜るとだいたい10気圧もの力が体を押しつぶそうとかかってきます。

深海にすむ生物は、はじめからこの水圧に対応できるように進化しています。ですので深海魚などを釣り上げると、水圧によって押さえつけられていた体積が膨張して、釣り上げた瞬間に体が膨らむこともあります。また、水面と海中を行き来するクジラなどは、水圧の変化に対応できるように進化をしています。生命の不思議ですね。

さて水圧ですが、文字通り水の圧力ですので、圧力の公式を使って計算することが可能です。

水圧=水の重さによってかかる圧力÷水が接している面積


※単位はN/㎡またはPaを用います。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科