manapedia
圧力の単位「N/㎡とPa」
著作名: かたくり工務店
36,765 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

圧力とは

スポンジを手でギュッと握ってみましょう。力を加えれば加えるほどスポンジはつぶれていきますね。これが圧力のイメージです。
正確には、『圧力とは、1㎡の面積あたりに、垂直に加わる力』のことを言います。そして圧力は、次の公式で計算することができます。

圧力(N/㎡)
=面に垂直にかかっている圧力(N)÷接している面積(㎡)


※以前は「g重/c㎡」という単位を使っていましたが、現在は「N/㎡」と表すのが一般的です。
圧力の特徴

圧力は、加えた力に比例して大きくなる

圧力は、面積が小さいほど大きくなる


この2つを覚えるために、スポンジの上に直方体のレンガを置いた図をイメージしてみましょう。
ALT


パスカル

1m2の面積で100gのものを置いたときにかかる圧力(1N/m2)のことを1Pa(パスカル)とします。また、1Paの100倍のことを1hPa(ヘクトパスカル)とします。単位がたくさん出てきましたが、忘れないように復習しておきましょう。

圧力の基準単位は1N/㎡=1Pa


100Pa=1hPa


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科