manapedia
「気圧」と「気圧の単位」
著作名: かたくり工務店
10,657 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

私たちはふだん、何気なく歩いたり走ったりしていますが、実は空気の重さというのが私たちにはかかっています。(便利なことに地球上の生物はそれを感じないようにできています。)

この「空気の重さ」のことを大気圧と言います。大気とは、上空に数百キロメートルにわたってある、空気の層のことです。空気は上空に行けば行くほど少なくなってくるので、その分空気の重さも軽くなっていきますが、私たちが中学理科で学習するのは、私たちが生活をしている地面でかかる大気の圧力になります。
大気圧の大きさ

天気予報で「気圧の変化が・・・」とか「この台風は980hPaの強さで北上」とか耳にしたことはないですか?大気の圧力のことを気圧と言い、気圧の強さを表す単位がhPa(ヘクトパスカル)となります。
hPaとmmHg

では1気圧がどれくらいの大きさなのかということですが

1気圧=1013hPa


と決められています。では「1013hPaとはどれぐらいの強さなの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。台風は、平均的な大きさのもので980~1000hPaの大きさです。歴史的な大被害をもたらした三重県の伊勢湾台風のときは929hPa、鹿児島県の平成5年台風第13号は930hPaとされています。台風は、hPaの値が低いほど勢力が強いとなっています。

また現在はヘクトパスカルでの表記が多いですがmmhg(ミリメートルエイチジー)という単位を使って

1気圧=1013hPa=760mmHg


とする場合もあります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科