manapedia
『東の 野に炎の 立つ見えて かへり見すれば 月傾きぬ』現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
34,431 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、万葉集にある歌「東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ」の現代語訳・口語訳とその解説、そして品詞分解をしています。

原文

東の 野に炎の 立つ見えて かへり見すれば 月傾きぬ

ひむがし(ひむかし)の のにかぎろひの たつみえて かへりみすれば つきかたぶきぬ

現代語訳

東方の野に日の出前の光が射し始めるのが見えて、後ろを振り返って(西の方角を)見てみると、月が傾いていた。

解説

この句は、柿本人麻呂が詠んだ歌です。早朝、軽皇子に従って狩りに出かけるときの歌です。柿本人麻呂は飛鳥時代の歌人で、山部赤人とともに歌聖と呼ばれています。(※柿本人麻呂のみを歌聖とするなど諸説あり)

東は「ひむがし/ひむかし」と読みます。東の野に「炎」が立っているのが見えると詠んでいますが、この「炎」とは「明け方に東方に射す光」のことです。「東方の野に日の出前の光が射し始めている」、つまり、夜が明けるタイミングですね。このタイミングで西の方角を見てみたら、月が傾いて沈もうとしていたよと続いているわけです。

品詞分解

※名詞は省略しています。

格助詞
格助詞
格助詞
立つタ行四段活用「立つ」の連体形または終止形
見えヤ行下二段活用「見ゆ」の連用形
接続助詞
かへり見すれサ行変格活用「かへり見す」の已然形、または名詞「かへり見」+サ行変格活用「す」の已然形
接続助詞
傾きカ行四段活用「傾く」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の終止形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語