manapedia
モル(物質量)のわからない所をわかりやすく3~アボガドロの法則を使ったモル計算と練習問題~
著作名: 藤山不二雄
192,592 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

第1回はアボガドロ数とは何なのかについて、そして第2回は物質量(モル)と質量、原子量との関係について説明をしました。
そして第3回目である今回は、アボガドロの法則について説明をします。
アボガドロさんが登場するのも今回が最後なので 、名残り惜しく勉強していきましょう。

アボガドロの法則

イタリアの科学者アボガドロは、 同じ物質量の気体は、同じ温度、同じ圧力の状態であれば気体の種類にかかわらず同じ体積を示すという仮説を打ち立てました。

この仮説はのちに正しいということが証明され、このアボガドロが提唱した法則はアボガドロの法則と呼ばれるようになりました。

同じ温度、同じ圧力とは言いますが、一般的に使われる条件は決まっています。
よく使われる条件は、0℃・1atmの状態で、この状態のことを標準状態といいます。この標準状態という言葉はよく出てきますので、覚えておいて損はないでしょう。

0℃・1atmの状態のことを標準状態という。


そしてこの標準状態においては、1mol=22.4リットルであると定められています。水素だろうと酸素だろうと窒素だろうと二酸化炭素だろうとメタンだろうと、どのような気体であっても、標準状態であれば、6.02×10²³個(すなわち1mol)の粒子が集まると、体積が22.4リットルになります。

次:物質量(モル)と質量、原子量、体積の関係のまとめ


1ページ
前ページ
1/4
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学