manapedia
「江浙熟すれば天下足る」、「湖広熟すれば天下足る」の違い
著作名: エンリケ航海王子
28,853 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

よく似ている言葉

「江浙熟すれば天下足る」、「湖広熟すれば天下足る」とは、主に中国の稲作生産地の変遷を表した言葉です。

この2つの言葉が表す内容や時代背景は大きく異なります。

「江浙熟すれば天下足る」

「江浙熟すれば天下足る」というのは、宋の中期の時代に、占城稲という強い稲がベトナムから中国にもたらされ、稲作が発展したことを指す言葉です。

場所は長江下流域が中心で、江蘇と浙江の略で江浙と言われます。また、蘇州と湖州の地域でもあるので、「蘇湖熟すれば天下足る」という呼び方もあります。

「湖広熟すれば天下足る」

一方、「湖広熟すれば天下足る」というのは、明や清の時代に入ってからつくられた言葉です。明朝時代以降、綿織物や絹織物の原料として商品作物の栽培が行われるようになります。

この状況を受けて、それまで稲作の中心地だった長江下流域の江浙地域で、 綿花や桑の栽培が盛んになっていきました。

そのため、稲作の中心地が長江下流域の浙江地域から長江中流域湖広に移っていきます。

湖広というのは、湖北省と湖南省を合わせた総称のことです。

この違いを、以下に表にしてみます。

言葉時代地域流域
「江浙熟すれば天下足る」江浙(江蘇・浙江)または蘇湖(蘇州・湖州)長江下流域
「湖広熟すれば天下足る」明・清湖広(湖北・湖南)長江中流域


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史