manapedia
「引っ張りだこ」のだこは蛸?凧?
著作名: 春樹
17,515 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

引っ張りだこ

「彼は人売れっ子で、いろんなとこから引っ張りだこだ」なんて言ったりしますよね。この「引っ張りだこ」の「だこ」ってそもそも(海の生き物)なんでしょうか、それとも(正月にあげるもの)なのでしょうか。引っ張りだこの意味とあわせて考えてみましょう。

「引っ張りだこ」の意味

引っ張りだことはそもそも、次の2つの意味があります。
はりつけの刑のこと。

多くの人から所望されること


もともとは、蛸の干物を作るときに、8本の足を広げて干していた姿が似ていることから、はりつけの刑の様子やその刑をまっている罪人のことを指す言葉でした。ですので、本来は「引っ張り」と書くのが正解です。しかし現在は、凧を使う表記もあります。(ちなみに広辞苑では、どちらの漢字も使われています。)

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語