manapedia
物体にはたらく重力N(ニュートン)
著作名: かたくり工務店
104,895 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ニュートン

ここでは、新しい単位を紹介しましょう。

N(ニュートン)です。

Nは、地球上で物体にはたらく重力のことを言い、100gの物体に働く重力の強さを1Nとします。

つまり100gのものを手で持っているときに感じる重さが1Nとなるわけですね。このニュートンという呼び方は、重力を発見したアイザック・ニュートンからきています。
Nのもとめ方

この単元では、Nの値をもとめるという問題が出てきます。公式がありますので、まずはそれを紹介します。
N=物体の質量(g)÷100


例えば100gの物体にかかるNの値を求めるとした場合

N=100(g)÷100=1

となりますが、これはさっき紹介した100gの物体に働く重力の強さが1Nであるというのと一致しますね。Nの意味と、Nを求める計算方法をしっかりと覚えておきましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科