manapedia
鎌倉時代の年表 どの北条氏のときに、どんな出来事があったのかのまとめ・一覧
著作名: 早稲男
49,484 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

執権

鎌倉幕府を語る上で欠かせないのが北条氏の存在です。源頼朝の奥さん北条政子は北条氏の出ですが、2人の息子である源頼家は、北条時政によって権力を奪われ、幕府をのっとられてしまいます。力をもった北条氏は、執権として幕府の運営を担いました。ここでは、どの北条氏のときにどんな事件が起こったのかについてみていきましょう。

初代:北条時政

まずは、源頼朝の奥さん北条政子の父であった北条時政です。源頼朝の死後に、実の孫であった2代将軍源頼家を殺害し、初代執権となりました。

2代:北条義時

時政の引退後、執権をついだのが北条義時です。義時が執権のころに起こった事件は、承久の乱です。(承久の乱

3代:北条泰時

北条泰時は、幕府に新しく連署評定衆を設立し、1232年には御成敗式目を制定しました。鎌倉幕府というと御成敗式目!というイメージがありますが、源頼朝の時代ではなくて、北条氏が制定した決まりなんですね。(鎌倉幕府の役職一覧

8代:北条時宗

少しとんで、今度は北条時宗です。彼が執権の時期に、鎌倉時代において最大の事件が発生しました。元寇です。文永の役弘安の役の2度にわたって元を追い払うことに成功しますが、恩賞が少ないなどの理由から、幕府に対する不満が出始めた時期でもありました。(元寇が鎌倉幕府に与えた影響

9代:北条貞時

元寇のとばっちりを受けたのが北条貞時でした。経済の混乱によって困窮する御家人や幕府への不満因子が増えていたために、徳政令を出して借金をチャラにします。これが永仁の徳政令と呼ばれる、日本で初めての徳政令です。
また貞時のときに、霜月騒動も起こっています。

14代:北条高時

幕府の執権は16代まで続きますが、北条高時が北条氏としては最後の執権になります。彼が執権のときに後醍醐天皇が謀反の計画をたてたとして罰せられるという事件が起こりました。(正中の変

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






日本史