manapedia
Ifを使ったさまざまな表現
著作名: 茶ップリン
8,077 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

Ifを使ったさまざまな表現

このテキストでは、Ifを使ったさまざまな表現をみていきましょう。

もしあの時~だったら今頃~なのに

If he had not stopped, he would not be alive now.
※もしあの時立ち止まっていなかったら、彼は今頃生きていないでしょう。

"もしあの時~だったら今頃~なのに"を表すためには、If節の時制を過去完了に、そして主節を"助動詞(*1)+動詞の原形"にします。
(*1)助動詞とは、would,could,might,shouldのいずれかになります。

あたかも~なように○○する

He talks as if he knew everything.
※彼はあたかもなんでも知っているように話す。

He behaves as if he had been there.
※彼はあたかもそこにいたかのように話した。

"as if + S+V"で"あたかもSはVなように"と訳します。また、"as if"のあとが過去形(be動詞の場合はwere)であれば"~かのように"、過去完了であれば"~であったかのように"となります。

万が一~であれば

If the train should be late, I would go to pick you up.
※万が一電車が遅れるようなことがあれば、迎えに行くからね。

実現する可能性が低く、"万が一~ならば"と表すには、"If+S+should+動詞の原形"を使います。この表現方法では、主節(ifのついていない節)の助動詞が、過去形にならない場合もあります。

仮に~だとしたら

If I were to lose next game, I would have my head shaved.
※仮に次のゲームで負けるようなことがあれば、坊主にするよ。

1つ上のshouldをつかった表現と同じく、実現する可能性が低く"仮に~だとしたら"と表すときには、"If+S+were+to 動詞の原形, S+would+動詞の原形"とします。

~さえすれば / あのとき~さえしていれば

If only I could speak French.
※フランス語さえ話せればなぁ。

If only I had told her not to go.
※あのとき彼女に行くなとさえ言っていればなぁ。

"~さえすれば"を表すには"If only+S+過去形"、"あのとき~さえしていれば"を表すには"If only+S+過去完了"の形をとります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語