manapedia
"もし~なら○○だったのに"を表す仮定法過去完了
著作名: 茶ップリン
10,564 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

仮定法過去完了

"もし羽があれば飛んでいくのになぁ"のように、現在の事実とは異なることを説明するときに使うのが、仮定法過去というテクニックでした。ここでは、"あのとき電話をくれていたら手伝ったのに"のように、過去の事実とは異なることを説明するときに使う、仮定法過去完了の形についてみていきます。難しい言葉ですが要するに、"もし~なら○○だったのに"と訳す文のことです。
仮定法過去完了の基本形

現在の事実とは異なることを説明する仮定法過去では、動詞の時制を1つ前の過去形に変えていましたが、仮定法過去完了でもその考え方は同じです。過去の事実と異なることを説明する過程方過去完了では、過去完了を使います。基本的には次の形が基本形になります。

If+S+had+過去分詞, S+助動詞(*1)+have+動詞の原形

(*1)助動詞とは、would,could,mightのいずれかになります。
仮定法過去完了の例文


If you had told me, I would have helped you.
※もし言ってくれていたら手伝ったのに。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語