manapedia
関係副詞を関係代名詞にかきかえる方法
著作名: 茶ップリン
10,655 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

関係副詞を関係代名詞に

このテキストでは、関係副詞("when,where,why")を関係代名詞に書き換える方法についてみていきましょう。関係副詞を関係代名詞に書き換えるためには、"前置詞+関係代名詞"の形を作る必要があります。

when = in which / at which / on which

where = in which / at which

why = for which


まず"why"ですが、これは"for which"に書き換えるだけですので覚えやすいですね。問題なのは"when"と"where"です。"in"を使うのか、"at"なのか、それとも"on"なのか迷うところです。

"when,where"の書き換え

次の2つの文を"when"を用いて1つの文にしてみます。

・April is a month.
・We have lots of Sakura in April.

April is a month when we have lots of Sakura.
となりますね。このときのin Aprilに注目です。

前置詞として"in"を使うのか、それとも"at"を使うのかは、この"in April"のところで判別をします。"in"がついていれば"in which"、"at"がついていれば"at which"というわけですね。先ほどの文を関係代名詞を使ってつなげるとしたら

April is a month in which we have lots of Sakura.
となるわけです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語