manapedia
関係代名詞"what"を用いた慣用表現
著作名: 茶ップリン
7,438 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

このテキストでは、関係代名詞"what"を用いた慣用表現(イディオム)についてみていきましょう。

いわゆる~

He is what you call a nice guy.
※彼はいわゆるイケメンです。

"what you call~"で"いわゆる~"と訳します。"what you call"の他に、"what we call"や"what is called"とすることもあります。

さらに~なことに

What is worse, he had his wallet stolen.
※さらに悪いことに、彼は財布を盗まれました。

"what is+比較級"で"さらに~なことに"と訳します。"what is better"だと"さらに良いことに"となります。ちなみに"what is more"というのもありますがこれは"さらに"と訳します。

He is smart, what is more, he is a nice guy.
※彼は頭がよく、さらにイケメンです。

AがBなのはCがDなのと同じ

Air is to us what water is to fish.
※空気と私たちの関係は、水と魚との関係と同じです。

"A is to B what C is to D"で"AがBなのはCがDなのと同じ"と訳します。一般によく知られている関係をCとDにいれて、AとBの関係性に説得力をもたせるときに使われる表現です。

AやらBやらで

What with university and part time job, I have no time to play.
※大学やらバイトやらで遊ぶ時間がありません。

"what with A and B"で"AやらBやらで"と訳します。

現在の~ /過去の~

My parents made me what I am.
※両親が今の私を育ててくれました。

She is not what she was any more.
※彼女はもはや過去の彼女ではない。

"what is(are) 主語"で"今の○○"、"what was(were) 主語"で"過去の○○"と訳します。この表現は実生活でもテストでもよく見かけます。要チェックですね!

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語