manapedia
関係代名詞で"what"を使う場合
著作名: 茶ップリン
7,377 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

関係代名詞で"what"を使う場合

このテキストでは、関係代名詞で"what"を使う場合についてみていきます。

1:This is the thing which I wanted.

2:This is what I wanted.

少しいびつですが、どちらの文も「これは私が欲しかった物です」と訳します。この2つの文の違いはどこでしょうか?それは例文1には"the thing"という先行詞があるのに対し、例文2には先行詞がないという点です。

このように、関係代名詞"what"は"先行詞+which"や"先行詞+that"のかわりに使われます。つまり"what"は先行詞を含んだ関係代名詞ということになります。ちなみに対象は物だけですので、"先行詞+who"のかわりには使えません
関係代名詞"what"を含んだ例文

"what"を用いた文は、いくつかパターン化されていますので、例文を覚えておけば応用がきくようになるはずです。

3:What I wanted to tell you is "I love you."
※"愛している"と伝えたかった。

4:This is what I really wanted.
※これは私が本当にほしかった物です。

5:Don't forget what I told.
※私が伝えたことを忘れないように。


例文3、4、5は"what"のかわりに"先行詞+which"を用いて、次のように表すこともできます。

3'The things which I wanted to tell you is "I love you."

4'This is the thing which I really wanted.

5'Don't forget the thing which I told.

しかし"the thing which"よりもwhat"で表現することのほうが圧倒的に多いです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語