manapedia
凸レンズに光をあてたとき
著作名: かたくり工務店
16,540 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

凸レンズ

ALT


写真のように、両端の厚さがうすく、真ん中の厚さが一番厚いレンズのことを凸レンズといいます。ここでは、この凸レンズに光をあててみます。
凸レンズでの屈折

凸レンズに光を当てると、もちろん光は屈折をしますが、屈折した光の性質がとても興味深いです。
ALT


光線A、B、Cはどれも平行な光線です。ところが凸レンズのいろんなところに光線をあててみると、屈折する角度があてる場所によって違うのです。そしてさらには、この屈折した光線は、レンズから出てきたあとに1つの点に集まります。この集まる点のことを焦点と言います。

ちなみに図ではなくきちんと光をあてている写真が次になります。右から光をあてて、左側に焦点ができていますね。
ALT


凸レンズから焦点までの距離のことを焦点距離と言い、凸レンズの厚さが厚いほど、焦点の位置は凸レンズに近く、焦点距離は短くなります
ちょっとした疑問

光線Aと光線Cは屈折しているのに、光線Bはなんで屈折していないの?」と思われるかもしれませんね。実は光が凸レンズの中心を通るときには、光は屈折をせずにまっすぐ進みます。例えば次の図のような感じです。中心でないところを通る光は屈折するのに対し、中心を通る光は(レンズに対してどんな角度で入射しても)屈折しません。
ALT


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科