manapedia
モル(物質量)のわからない所をわかりやすく2~モルの計算と練習問題~
著作名: 藤山不二雄
331,197 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

前回はアボガドロ数が何なのかということについて説明しました。
6.02×10²³個がモルと何に関係があるのかと思われるでしょうが、今回はその点を踏まえてモルについて説明していきます。

モルって?

まずモル(mol)とは何なのでしょうか?学ぶ前なのですがからわからなくて当然です。
モル(mol)は、以下のように定義できます。

1mol=6.02×10²³


感覚としては、鉛筆が12本集まると1ダースと単位が変わりますよね。あれと同じです。6.02×10²³個と毎回書くのは面倒臭いので、1mol=6.02×10²³個としちゃいましょう!と決めたわけです。

炭素1モルは何gでしょうか?となったときに、前回学んだアボガドロ数の概念が生きてきます。
炭素はCですから、原子量は12。つまり炭素1molの重さは12gとなります。
そう、周期表を見て原子量をチェックしさえすれば、あらゆる物質1molの重さがわかります。

次:モルと原子量と質量の関係


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学