manapedia
化学基礎 モル(物質量)のわからない所をわかりやすく1~アボガドロ数~
著作名: 藤山不二雄
483,747 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

モル(物質量)の考え方1~アボガドロ数~

化学をよく理解するために必ず理解しなければいけない概念、それが「 モル」です。このモルとは化学特有の単位なので、今まで触れたことのない方がほとんどでしょうし、だからこそ理解に苦しむ方も多いのかと思います。

この記事で少しでもみなさんのモルに対する苦手意識を払拭できたら幸いです。今回はその1回目です。

アボガドロ定数

物質には、それぞれその物質を構成する原子の数が決まっています。
例えば¹²C、すなわち質量数12の炭素原子12gを構成する粒子の数、これは6.02×10²³個と決まっています。この炭素12gを構成する粒子の数のことを アボガドロ数と言います。

このアボガドロ数は炭素に限ったことではなく、他の原子でも同じです。
どういうことかというと、水素が1gを形成する粒子の数は6.02×10²³個、水が18gを形成する粒子の数も6.02×10²³個ということです。

なぜ炭素は12gで水素が1g、そして水が18gなのか?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、よく考えてみてください。炭素、水素はそれぞれの原子量が定められているはずです。水についてはそれを構成する分子量ですね。

周期表を確認してみましょう。数字が書いてあるはずです。


次:ではNa⁺、NaClは?


1ページ
前ページ
1/4
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学