manapedia
さまざまな動名詞"○○が~するのを...だ"
著作名: 茶ップリン
3,471 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

動名詞のさまざまな形についてみていきましょう。今回は動名詞の中で"○○が~するのを...だ"と訳すものについてみていきます。言葉にしても何のことやらですので、例文でみていきましょう。

1:He is proud of having won the tournament.
※彼はトーナメントで優勝したことを誇りに思っています。

この文では、"is proud of"と"having won"の主語がどちらも"He"です。つまり、誇りに思っているのも、優勝したのも"彼"なわけです。では、仮にトーナメントで優勝したのが彼の息子だとしたらどうなるでしょうか?

「彼は彼の息子がトーナメントで優勝したのを誇りに思っています。」
を英訳してみましょう。

2:He is proud of his son having won the tournament.

と、例文2のようになります。このように、文中で動詞と動名詞の行動をとった人が異なるときには、動名詞の前に動名詞の主語となる語句を入れます。今回は"his son"がこれにあたりますね。ちなみに"his son"は"his son's"とすることもできます。つまり代名詞でいうと、"his"もしくは"him"のどちらでもOKということです。

3:I insisted him going back.

4:I insisted his going back.

とこのようにどちらでも同じ意味になります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語