manapedia
さまざまな動名詞"動名詞の受動態"
著作名: 茶ップリン
6,220 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

動名詞の受動態

動名詞のさまざまな形についてみていきましょう。ここでは動名詞の受動態について説明しています。受動態とは"be動詞+過去分詞"のかたちで"~される"のように受け身を表す英文法でしたね。それでは早速例文です。

1:I don't like being talked to while I'm driving.
※運転中に話しかけられるのは好きではありません。

例文のように動名詞で受動態を使うときには、"動詞+being+過去分詞"となります。beの部分が"being"と動名詞の形になります。

例文1では"~されことは好きではない"と現在の時制を現していますね。これが"~されことは○○だ"のように過去のことを言うためにはどうしたらいいでしょうか?1つ前のテキストでみたように、"have+過去分詞"をうまく活用します。

He is proud of having been received recognition from the National Police Agency.
※彼は警察庁から表彰されたことを誇りに思っています。

"having+been+過去分詞"がよく頭に入らないときは、もう1度ひとつ前のテキストを読み込んでみてください。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語