manapedia
剰余の定理
著作名: OKボーイ
9,783 views
剰余の定理

多項式の割り算には 剰余の定理というものがあります。それは、
f(x)をx-αで割ったときの余りはf(α)である。

というものです。例を挙げてみてみましょう。
 を  で割ったとします。
ALT



割り算を行うと、商は3x+4、あまりは9ですね。

このときf(2)の値はどうなるでしょうか。
 にx=2を代入して計算すると、f(2)=9となります。

余りと同じになりましたね。
これは偶然の一致ではありません。
余りだけを求めよという問題の場合、わざわざ最後まで計算をする必要はないというテクニックですね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。



最近見たテキスト
14_197 剰余の定理
10分前以内
>



数学II