manapedia
受動態の文を否定文にする
著作名: 茶ップリン
8,545 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

受動態の否定文

ここでは、受動態の文を否定文にする方法を説明しましょう。次の例文を見てください。

1:I was asked to go out with him.
※私は彼に告白されました。

2:This cake must be made by him.
※このケーキは彼によって作られたに違いない。

この2つの文を否定文にしてみましょう。すると次のようになります。

3:I was not asked to go out with him.

4:This cake must not be made by him.

この2つの文の違いがわかりますか?"not"の位置に注目してください。
例文1と例文2の違いは、助動詞があるかないかの違いです。(ここでは"must")。助動詞がない文は、例文3のようにbe動詞に"not"をつければよいのですが、助動詞を含む文の場合には、be動詞ではなく助動詞に"not"をつけなければなりません。

助動詞を含まない文はbe動詞+not+過去分詞

助動詞を含む文は、助動詞+not+be動詞+過去分詞


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語