manapedia
英語の肯定文を否定文にする方法
著作名: ほりぃ
20,502 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、「~は~です」という肯定文を「~は~でない」という否定文にする方法を説明します。be動詞一般動詞助動詞を使った3パターンについて紹介していきます。
be動詞

まずはbe動詞を使った文章の場合です。be動詞とは何か覚えていますか?
そうです、「is、am、are」のことですね。

このBe動詞を使った文章を否定文にするときは、Be動詞に「not」を付ければいいのです。


例えば
I am a student.(私は生徒です)
→I am not a student.(私は生徒ではありません)

He is a teacher.(彼は先生です)
→He is not a teacher.(彼は先生ではありません)

といった具合です。ちなみに「is not」は「isn’t」「are not」は「aren’t」と省略できます。
一般動詞

続いて一般動詞を使った文章の場合です。一般動詞とは、be動詞以外の動詞ですね。
eat(食べる)、run(走る)といった動詞です。

一般動詞を使った文章を否定文にするときには動詞の前に「do not」を付けます。(3人称の場合はdoes notです)

例文でみてみましょう。

I cook everyday.(私は毎日料理をします。)
→I do not cook everyday.(私は毎日料理はしません)

He plays soccer.(彼はサッカーをやります)
→He does not play soccer.(彼はサッカーをしません)

3人称の場合、does notで否定をして、一般動詞は原型に戻します。

「does not+動詞の原形」と覚えましょう。

これも、「do not」は「don’t」「does not」は「doesn’t」と略せますので覚えておいてくださいね。
助動詞

そして最後に助動詞を使った文章の場合です。助動詞とは一般動詞の前につくcan、may、must、shouldといったやつでしたね。
助動詞を使った文章を否定文にするときには、この助動詞に「not」を付けます。


I can play tennis.(私はテニスをします)
→I can not play tennis.(私はテニスはできません)

You may enter.(入ってもいいですよ)
→You may not enter.(入ってはいけません)
例外

ここで1つ例外があります。それは「have to」です。
「~すべき」という意味をもつhave toですが、これを否定にするときだけ気をつけなければなりません。助動詞のやりかたでいくと「have to」は「have not to」にしたくなるのですが、正しくは
一般動詞と同じ「don not」(もしくはdoes not)をhave toの前に付けるようにします。


You have to go.(行かなければなりません)
→You do not have to go.(行く必要はありません)

He has to apologize.(彼は勉強をしなければなりません)
→He does not have to apologize.(彼は謝るべきではない)

※ちなみに「He has to」となっているのは3人称の為ですね。

いかがでしたでしょうか。否定文を覚えるだけで、会話の幅がぐんと広がります。
しっかりと覚えていきましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語