manapedia
"will"と"would"の違い
著作名: 茶ップリン
15,226 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

"would"の登場

"will"は、未来を表すときなどに用いる助動詞でしたね。ここで紹介する"would"は、"will"の過去形になります。過去形の文で用いられるのはもちろんのこと、現在時制の文で用いることで、より丁寧な表現にもなります。

1:I would often play catch with my father when I was a child.
※子供のころはよく父とキャッチボールをしたものだった。

2:He wouldn't fall asleep when he was a baby.
※彼は赤ちゃんのころ、どうしても寝ようとしなかった。

3:He would always insist his idea.
※彼はいつも自分の意見を主張しようとした。

4:Would you help me?
※助けていただけませんか?
過去の習慣や習性

前回のテキストで、"will"は現在の習慣や習性を表すと説明しました。これに対し"would"は、過去の習慣や習性を表します。

肯定文では、例文1のように「~したものだ」と訳し、否定文では例文2のように「どうしても~しなかった」と訳します。また、口に出すときに"would"を強く発音することで、「どうしても~した」と、過去の固執を表します。

疑問文で使うときには、例文4のように「~していただけませんか?」と訳します。これはwillのときも同じでしたね。しかしwillよりもwouldのほうがより丁寧な表現となります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
11_197 "will"と"would"の違い
10分前以内
>




英語