manapedia
接続詞 〜言葉と言葉をつなげる〜
著作名: みかん
7,906 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

「接続詞」とは、語と語や、文と文をつなげることばです。
日本語でも、「そして」「しかし」「でも」など、つなげることばがありますね。

このテキストでは、「and」、「but」、「or」という3つの接続詞の使い方を説明します。

「and」:「AとB」、「A、そしてB」

Tom and Mary are my friends.
(トムとメアリーは私の友達です。)

I went to the library, and I studied English.
(私は図書館へ行き、英語を勉強しました。)

and」は、同じ種類のものをならべたり、「そして…」と話をつなげるときに使います。

「but」:「AだがB」、「A、しかしB」

He is not a teacher but a doctor.
(彼は教師ではなくて医者です。)

I went to the library, but I didn't study.
(私は図書館へ行きましたが、勉強しませんでした。)

but」は、対照的なものを並べたり、「しかし...」と反対のことを言うときに使います。

「or」:「AまたはB」、「A、それともB」

Is he a teacher, or a doctor?
(彼は教師ですか?それとも医者ですか?)

or」は、AとBのどちらか、という意味で使います。

命令文とともに用いる「and」と「or」

命令文とともに用いる「and」と「or」は、試験によく出ますので、
覚えておきましょう。

「命令文, and 〜」 (…しなさい、そうすれば〜)

Do your best, and you will succeed.
(全力をつくしなさい、そうすればあなたは成功するでしょう。)

命令文のあとに、「命令のとおりにすれば、こうなります」と言いたいときは、「and」を使います。

「命令文, or 〜」 (…しなさい、そうしないと〜)

Go at once, or you will be late for school.
(すぐ出かけなさい、そうしないと学校に遅れますよ。)

命令文の後に、「命令のとおりにしないと、こうなります」と言いたいときは、「or」を使います。

Question:
次の文の( )には、何が入るでしょうか?
Study hard, (  ) you will pass the exam.


答えは、「and」です。

「一生懸命勉強しなさい、そうすれば試験に合格するでしょう。」
「命令のとおりにすれば、こうなります」と言っているので、「and」ですね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語