manapedia
「There is ...」の疑問文「◯◯はどのくらいありますか?」
著作名: みかん
10,535 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

There is a book on the table.
(机の上に本があります。)

の疑問文は、

Is there a book on the table?
(机の上に本がありますか。)

でした。

では、「机の上にどのくらいの本がありますか?」と数を聞きたいときは、どのように聞けば良いでしょうか?

「どのくらいの〜?」と数をたずねるときは「How many 〜?」を使います。

How many books are there on the table?
(机の上にどのくらいの本がありますか。)

少し複雑ですね。分解してみましょう。

 How many + books + are there 〜 ?
 どのくらいの   本(複数形)  疑問文

ポイントは、「How many」(どのくらいの)のあとに、数をたずねたいもの(ここでは本)を持ってくることです。
また、数をたずねたいものは、かならず複数形にします。

その後に、通常の疑問文を続けます。
数をたずねたいものを複数形にしますので、かならず「are」になります。

Question:
「公園に女の子は何人いますか?」
を英語にしてください。

Hint:
「公園に女の子が3人います。」ならば、以下の英文になります。
There are three girls in the park.
上の例にならって、単語を並べかえてみましょう。


答えは、

How many girls are there in the park?

となります。
正解できましたか?

「How many〜?」の質問への答え方もあわせて確認しておきましょう。

How many books are there on the table?
(机の上にどのくらいの本がありますか。)

 ー There are three.
  (3冊あります。)

 ー There is one.
  (1冊あります。)

 ー There are no books on the table.
  (1冊もありません。)

たずねるときは必ず複数形ですが、「1冊しかない」と答える場合は、単数「is」ですので、間違えないように気をつけてください。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学英語