manapedia
血液の循環
著作名: みかん
14,431 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

血液はどのようなしくみで、私たちの体の中を流れ続けているのでしょうか。

心臓 〜血液を送り出すポンプ〜

心臓は、血液を体内に循環させるポンプの役割をしています。
心臓に血液が流入する部屋を心房とよび、血液を送り出す部屋を心室と呼びます。
心房と心室は交互にポンプの動きをして、血液を送り出しています。

血管 〜血液の通り道〜

血管には、3種類あります。
動脈・・・心臓から血液をからだの各部へ送ります。

静脈・・・からだの各部から血液を心臓に送り返します。

毛細血管・・・動脈と静脈をつなぐ細い血管で、からだの中に網目のように張りめぐらされています。細胞に栄養分や酸素を与え、二酸化炭素や老廃物を受け取り運びます。

血液の流れ

血液の流れは、2種類に分けられます。
肺循環

心臓 → 肺動脈 → 肺 → 肺静脈 → 心臓

肺循環は、心臓と肺のあいだの血液の流れです。
この肺循環により、呼吸から酸素を取り入れ、二酸化炭素を放出します。

体循環

心臓 → 大動脈 → からだの各部(毛細血管) → 大静脈 → 心臓

体循環は、心臓とからだの各部のあいだの血液の流れです。
この体循環により、からだの各組織の細胞に栄養分酸素を与え、二酸化炭素老廃物を受け取り運びます。

このようなしくみによって、全身に酸素や栄養が行き渡っているのですね。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
7_197 血液の循環
10分前以内
>




中学理科