manapedia
"may"と"might"の違い
著作名: 茶ップリン
9,632 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

"might"の登場

前回のテキストで見たように、mayは「~してもよい」という許可の意味をもつ助動詞でしたね。
これから説明する"might"("マイト"と読みます)はmay"の過去形です。しかし、"may"の過去の意味を表わさずに、mayよりも更に丁寧な表現や、「ひょっとしたら~かもしれない」とを表現したいときに使います。
超ていねいな文

1:Might I come in?
※入ってもよろしいでしょうか?

ただでさえ「May I come in?」で丁寧な文なのに、"might"を使うことで、さらに丁寧な文になります。
ひょっとしたら~かもしれない

2:The goods might arrive tomorrow.
※製品はひょっとしたら明日つくかもしれません。

例文2のように、ひょっとしたら~かもしれないを表現したいときにも、この"might"を使います。文法用語では、可能性の低い推量・推定を表すと言います。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
11_197 "may"と"might"の違い
10分前以内
>




英語