manapedia
過去進行形と未来進行形の用法
著作名: 茶ップリン
9,448 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

過去進行形の用法

今ちょうど~しているところです。」を表すのが現在進行形ならば、「そのときちょうど~していました。」を表すのが過去進行形とよばれる表現方法です。

過去進行形では次の3つのニュアンスを表現できます。
そのときちょうど~していた

1:I was reading a book when my father came home.
※父が帰ってきたとき、私はちょうど本を読んでいました。

例文1のように、過去に何かが起こったときに、ちょうど~していたというときに過去進行形を用います。
いつも~していた

2:She was always finding fault with others.
※彼女はいつも他人のあらさがしをしていました。

現在進行形では、"いつも~している"という訳し方をしたかと思いますが、過去進行形では、"いつも~していた"となります。訳し方が過去形になっただけなので、こちらはわかりやすいのではないかと思います。
~することになっていた

3:I thought he was coming at 7 pm.
※彼は7時にくると思っていたのですが。

過去から見た近い未来の予定を表すときにも過去進行を使います。文字で説明をすると少し伝わりにくいかもしれませんので、例文3をみて"こんな感じか"というのを感じ取ってもらえたらと思います。
未来進行形の用法

現在進行形、過去進行形とあるのですから当然、未来進行形も存在します。未来進行形は、「明日の今頃は~しているでしょう」のように、「未来のとある時点において、何かしらの動作を継続している」というときや、「自分の意思に関係なくなりゆきでそうなっているだろう」というときに使われる表現です。

4:I will be lying on the sofa at this time tomorrow.
※明日の今頃はソファーで横になっているでしょう。

"明日の今頃"という特定の未来の時点において、"横になる"という動作を継続していますね。


5:It will be raining at 8:00 tonight.
※今夜8時ごろは雨が降っているでしょう。

今夜8時には、自分の意思に関係なく、「"雨が降る"という動作が継続して行われているでしょう」=「雨が降っているでしょう」というように考えることができます。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語