manapedia
英語の5つの文型~第5文型~
著作名: 茶ップリン
10,084 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

英語の第5文型

このテキストでは、英語の第5文型の説明していきます。S・V・O・Cって何?、第1文型、第2文型、第3文型、第4文型って?という方は、過去のテキストで説明していますので、そちらをチェックしてみてくださいね!このテキストの下にある「つながりのあるテキスト」で確認できます。

それでは本題です。
第5文型の形はS+V+O+C
「SはOをCにVします」と訳します。

※Sは主語、Vは動詞、Oは目的語、Cは補語

1:My friends call me Mari.
   S     V O  C
友達は私のことをマリと呼びます。


2:You always make me happy.
   S      V  O  C
あなたは私をいつも幸せにしてくれる。


3:I found the book very difficult.
  S V   O    C
読んでみたらその本はとても難しいことがわかりました。

第5文型では、make(~にする)、find(わかる)、name(名づける)、call(呼ぶ)といった動詞が多く使われます。
第5文型の特徴

第2文型では、「"S"="C"」であると学習しましたね。第5文型では、「"O"="C"」であることが特徴です。例文1では「me(私)=Mari(マリ)」、例文2では「me(私)=happy(幸せ)」と、そして例文3でも「book(本)=difficult(難しい)」が成り立っていることがわかるはずです。
第4文型と第5文型のみわけ方

てこずるのが、第4文型と第5文型のみわけ方です。要するに「SVOO」なのか、それとも「SVOC」なのかがわかりにくいということなのですが、第5文型の特徴さえ把握しておけば恐れることはありません。

先ほど説明したように、動詞のあとの単語が「"O"="C"」であるか、これに限ります。

A:She made me a birthday cake.
B:She always makes me happy.

この2つの文は同じmakeを使った文ですが、Aの文は第4文型でBの文は第5文型です。
なぜなら、例文Aでは「me(私)≠a birthday cake(誕生日ケーキ)」なので、第5文型の特徴である「"O"="C"」を満たしていません。一方で例文Bでは「me(私)=happy(幸せ)」なので、「"O"="C"」を満たしています。
"O"="C"」が成り立つかどうかを見極めることが肝です。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語