manapedia
英語の5つの文型~第4文型~
著作名: 茶ップリン
24,117 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

英語の第4文型

このテキストでは、英語の第4文型の説明していきます。S・V・O・Cって何?、第1文型、第2文型、第3文型って?という方は、過去のテキストで説明していますので、そちらをチェックしてみてくださいね!このテキストの下にある「つながりのあるテキスト」で確認できます。

それでは本題です。
第4文型の形はS+V+O+O
「SはOにOをVします」と訳します。

※Sは主語、Vは動詞、Oは目的語、Cは補語

1:He gave me a ring.
  S V  O  O
彼は私に指輪をくれました。


2:He bought me a ring.
  S  V  O  O
彼は私に指輪を買ってくれました。


例文1も例文2も、「主語+動詞+人+物」という並びをしていることに注目しましょう。Oは2つありますが、順序は「人+物」です。並びを間違えないように要チェックです。
第4文型を第3文型に書き換える

実はこの「人+物」の順序を、「物+人」に入れ替えることができるのですが、「物+人」に入れ替えたときは、文のタイプが第4文型から第3文型へと変化します。入れ替えるだけだと簡単なのですが、これがちょっとややこしいです。使われている動詞によって変化の形が違ってくるのです。ここでいう動詞とは、「give型」と呼ばれる動詞と「buy型」と呼ばれる動詞に区別されます。
give型の動詞

先ほどの例文1「He gave me a ring.」の人と物を入れ替えてみましょう。すると

He gave a ring to me. 

となります。「人→物」の順序を入れ替えて「物→人」の順序にしたときに、「物+to+人」と、物と人の間に「to」が入ってくる動詞のことを、「give型の動詞」と呼びます。

give型の動詞には、teach(教える)、lend(貸す)、show(みせる)、tell(告げる)などがあります。試しに、give型の動詞をふくむ例文を第4文型から第3文型に書き換えてみましょう。

3:He teaches me English.
※彼は私に英語を教えてくれます。

これをmeとEnglishの順序を入れ替えて第3文型に書き換えます。すると
He teaches English to me. となります。


4:I will show you my collections.
※私のコレクションをみせてあげましょう。

これをyouとmy collectionsを入れ替えて第3文型に書き換えます。すると
I will show my collections to you. となります。
buy型の動詞

先ほどの例文2「He bought me a ring.」の人と物を入れ替えてみましょう。すると、

He bought a ring for me.

となります。今度は"to"ではなく"for"がきました。「人→物」の順序を入れ替えて「物→人」の順序にしたときに、「物+for+人」と、物と人の間に「for」が入ってくる動詞のことを、「buy型の動詞」と呼びます。

buy型の動詞にはget(手に入れる)、make(作る)、find(見つける)などがあります。こちらも試しに、buy型の動詞をふくむ例文を第4文型から第3文型に書き換えてみましょう。

5:I will make you some tea.
※お茶をいれましょう。

これをyouとsome teaを入れ替えて第3文型に書き換えます。すると
I will make some tea for you. となります。


6:She made me a birthday cake.
彼女は私に誕生日ケーキを作ってくれました。

これをmeとa birthday cakeを入れ替えて第3文型に書き換えます。すると
She made a birthday cake for me. となります。
give型とbuy型をみわけるテクニック

ではgive型の動詞とbuy型の動詞をどのようにしてみわけたらよいのかという話になってきます。

give型とbuy型の決定的な違い。それは「相手を必要とするかどうか」です。先ほど例に挙げたgive型の動詞をみてみましょう。「teach」、「lend」、「show」、「tell」すべて誰かのために行う行為ですよね。一方でbuy型はどうでしょう。「get」、「make」、「find」と、相手がいなくても成り立つ行為です。

相手がいないと成り立たない動詞はgive型でtoを、相手がいなくても成り立つ動詞はbuy型でforを使うと覚えておきましょう。



以上、第4文型についてみてきましたが、ここはテストで必ずと言っていいほど聞かれるところなので、何度も何度も何度も、理解できるまで自分の頭で繰り返し考えましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語