manapedia
英語の5つの文型~第2文型~
著作名: 茶ップリン
8,604 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

英語の第2文型

このテキストでは、英語の第2文型の説明していきます。S・V・O・Cって何?、第1文型って?という方は、前回・前々回のテキストで説明していますので、そちらをチェックしてみてくださいね!このテキストの下にある「つながりのあるテキスト」で確認できます。

それでは本題です。
第2文型の形はS+V+C
「SはVです」と訳します。

※Sは主語、Vは動詞、Oは目的語、Cは補語


1:I am a student. 
  SV   C
私は学生です。


2:He looks tired. 
  S  V   C
彼は疲れてそうだ。


3:You will be a great doctor in the future.
   S     V      C
あなたは将来、偉大なお医者さんになるでしょう。


英語の文を構成するS・V・O・Cの4つの要素のうち、SとVとCを使った文のことを第2文型と言います。例文1や2のようにS・V・Cだけの文でもよく使われますし、例文3のように、S・V・Cの文にさらに単語がくっついている場合もあります。

第1文型のときと同じように、「第2文型はS+V+Cの文」とではなくて、「S・V・O・C4つの要素のうち、SとVとCを使っているのが第2文型」と思ってもらった方がいいかもしれませんね。
第2文型の特徴

第2文型の特徴は、「"S="C"」となることです。
例文1では、「I(私)=student(学生)」、例文2では「He(彼)=tired(疲れている)」となりますよね。例文3でも「You(あなた)=doctor(医者)」がなりたちます。

このように、S=C(Sがどんな状態にあるのか、Sがどんな職業(身分)なのかを説明している場合)となる文が第2文型と言えます。
第2文型の例文

第2文型の形をした文をいくつか挙げておきましょう。第2文型で出題される動詞には傾向があるので、ここに挙げるものはすべて覚えておいても損はないと思います。

4:You must keep quiet in a movie theater.
映画館では静かにしていなければなりません。

5:This pie smells so sweet.
このパイはとても甘いにおいがする。

6:This cake tastes good.
このケーキはとてもおいしい。

7:That idea sounds interesting.
そのアイディアは面白そうだ。

8:He grew very tall.
彼はとても身長が高くなった。(※grewはgrowの過去形)

9:He got very well.
彼は(体調が)よくなりました。(※gotはgetの過去形)

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語