manapedia
S・V・O・Cってなにを表しているの?
著作名: 茶ップリン
16,543 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

5つの文型

第1文型 S+V
第2文型 S+V+C
第3文型 S+V+O
第4文型 S+V+O+O
第5文型 S+V+O+C

英語を勉強するうえで、この5つの文型は避けたくても避けられない道です。最初に習うこれがうまくわからないので、英語につまづいてしまうなんて人も多いようです。
「第1文型とはなにか?」とお話をする前に、ここではS・V・O・Cがそれぞれ何を表しているのかについて説明していきましょう。
Sは"主語"

"S"は主語を意味する英語の「subject」の頭文字からきました。
5文型すべてのタイプを見てもわかるように、必ず"S"が入っていますね。このことからも、主語のない文章はないということがわかると思います。

主語となる品詞は、日本語と同じように名詞代名詞、そして名詞相当の表現です。名詞とは物の名前ですね。"Akira"という人の名前であったり、"dog"(犬)、"cat"(猫)のような動物を表すものも名詞です。
代名詞とは"私"を表す"I"や"あなた"を表す"you"、他には"he"や"she"、"it"、"they"などがありました。

では、名詞相当の表現とはどのようなものがあるでしょうか?
例えば日本語で、「たくさん泣くことが赤ちゃんの仕事です」という文があったとしましょう。この文の主語はなんでしょうか。赤ちゃんでしょうか?答えは「たくさん泣くこと」が主語ですね。
このように名詞や代名詞でなくても主語となれる名詞相当の表現というものがあります。
Sは主語

Vは動詞

続いて"V"について説明しましょう。Vは動詞を意味する「verb」の頭文字からきました。
動詞にはbe動詞一般動詞がありましたね。動詞については別途「be動詞と一般動詞の特徴」というテキストを書いているのでそちらをチェックしてみてください。
Vは動詞

Oは目的語

3つ目は"O"についてです。Oは、目的語を意味する「object」の頭文字からきました。
目的語になる品詞は、S(主語)のところで説明した名詞が中心ですが、名詞相当の表現も目的語になることがあります。

I like dogs. 私はが好きです。
※名詞を目的語とした文章。

I like him. 私はが好きです。
※代名詞を目的語とした文章。

I like to play soccer. 私はサッカーをすることが好きです。
※名詞相当の表現を目的語とした文章。
Oは目的語

Cは補語

最後は"C"についてです。Cは補語を意味する「complement」の頭文字からきました。じゃあ補語って何?って話ですが、「S=C」となるものが補語と覚えておきましょう。

My name is Tadashi. 私の名前はタダシです。
この文でSは「name」、そしてCは「Tadashi」なのですが、SとCの指していることは同じですよね。

She is famous. 彼女は有名です。
この文ではどうでしょう?
Sは「She」、そしてCは「famous」で、S=Cの構図ができあがりますね。

Oなのか、それともCなのかに迷ったときは、このようにして区別するようにしましょう。
Cは補語


ここまで頭に入っていると、いざ文型を勉強しようというときに頭の中に入ってくる感じが違ってきますよ!

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語