manapedia
アンモニアの発生方法と集め方
著作名: かたくり工務店
76,387 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

アンモニア

ふだんの生活の中でアンモニアを手にすることはなかなかないでしょう。アンモニアは水素と酸素が一緒になってできた気体で、鼻をさすような刺激のつよいにおいがします。

ここでは、人工的にアンモニアを発生させる方法を説明しましょう。方法は何種類もありますが、特に次の2通りがよく出ますので、どちらも覚えておくようにしましょう。
アンモニア水を熱する

アンモニア水を熱して水分をとばすことでアンモニアを作ることができます。
食塩水を熱すると、水分が蒸発して食塩がとれるのと同じですね。ただしアンモニアは空気よりも軽く、水に溶けやすい気体ですので、上方置換法で集めます。
ALT

塩化アンモニウムと水酸化カルシウムを混ぜて熱する

続いては、塩化アンモニウム水酸化カルシウムを混ぜて熱する方法です。

塩化アンモニウムのかわりに硫酸や硝酸といった物質を、水酸化カルシウムのかわりに水酸化ナトリウムを使うことも可能です。
ALT


アンモニア水+(熱)→アンモニア
塩化アンモニウム+水酸化カルシウム+(熱)→アンモニア


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科