manapedia
竹取物語『かぐや姫の昇天・天の羽衣』(天人の中に持たせたる箱~)の現代語訳
著作名: 走るメロス
271,955 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

竹取物語『かぐや姫の昇天』

このテキストでは、竹取物語の中の"かぐや姫の昇天"の「天人の中に、持たせたる箱〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳をしています。書籍によっては「天の羽衣」と題するものもあるようです。

※前回のテキスト:「竹取、心惑ひて~」の現代語訳

原文

天人の中に、持たせたる箱あり。天の羽衣入れり。またあるは不死の薬入れり。一人の天人言ふ、

「壺なる御薬奉れ。きたなき所のもの聞こしめしたれば、御心地悪しからむものぞ。」


とて、持て寄りたれば、いささかなめ給ひて、少し形見とて、脱ぎ置く衣に包まむとすれば、ある天人包ませず、御衣を取り出で着せむとす。その時にかぐや姫、



と言ふ。

「衣着せつる人は、心異になるなりといふ。もの一言、言ひ置くべきことありけり。」


と言ひて、文書く。天人、

遅し。」


心もとながり給ふ。かぐや姫、

「物知らぬことなのたまひそ。」


とて、いみじく静かに、朝廷に御文奉り給ふ。あわてぬさまなり。

「かくあまたの人を賜ひとどめさせ給へど、許さぬ迎へまうで来て、取り率まかりぬれば、口惜しく悲しきこと。宮仕へ仕うまつらずなりぬるも、かくわづらはしき身にてはべれば、心得おぼしめされつらめども、心強く承らずなりにしこと、なめげなるものに思しめしとどめられぬるなむ、心にとまり侍りぬる。」


とて、

今はとて天の羽衣着るをりぞ君をあはれと思ひ出でける

とて、壺の薬添へて、頭中将呼び寄せて奉らす。中将に、天人取りて伝ふ。中将取りつれば、ふと天の羽衣うち着せ奉りつれば、翁をいとほしかなし思しつることも失せぬ。この衣着つる人は、もの思ひなくなりにければ、車に乗りて、百人ばかり天人具し昇りぬ。

次ページ:現代語訳・口語訳と品詞分解


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。