manapedia
アメリカ合衆国の発展 ③ ~奴隷制と南北戦争~
著作名: エンリケ航海王子
47,533 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

アメリカの奴隷制


ALT


西部開拓とともに、アメリカ合衆国は領土を次々と拡大していきますが、徐々に経済的理由から奴隷制が定着していきます。

アメリカの奴隷制のはじまりは、18世紀末にさかのぼります。
なぜこの時期に奴隷制が定着したのか、当時の世界の状況を考えてみましょう。

まず、18世紀といえば、イギリスで産業革命が進展し、機械を駆使した綿織物工業が発達した時期です。

このイギリスの綿織物は、中国やインドなど世界市場で飛ぶように売れたため、その原料である綿花の需要が高まります。

アメリカ南部は、この綿花生産の一大地域で、プランテーションという大農場でアフリカ大陸から連れてこられた黒人奴隷とその子孫達が、労働力として酷使されていました。その数なんと400万人。南部の全人口の3分の1以上を占めていました。

南部と北部の対立

このような奴隷制のもと綿花栽培を主な産業にしていた南部は、イギリスとの貿易で大きな利益をあげていました。また、綿花を輸出する代わりに、イギリスの優れた工業製品を輸入していたので、南部は関税を撤廃する自由貿易制度を主張するようになり、連邦政府よりも各州の自治権を拡大する政策を望みました。

一方北部は、アメリカ独自の産業革命の進展とともに、工業を主な産業にしていたので、イギリスとは工業製品で競合関係にありました。そのため、イギリスの工業製品に高い関税をかけ締め出すことで、自国の工業製品を有利に販売する保護主義を主張し、連邦制の権利拡大を望みました。

このように、南北は主要産業と経済構造の違いから、次第に対立するようになります。

南部は、ヴァージニア以南の地域、北部はオハイオ以北の地域を指します。


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史