manapedia
平家物語~一の谷までのあらすじ~(中学の国語二年)
著作名: 走るメロス
19,914 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平家物語〜一の谷までのあらすじ〜

平安時代も終わりに近付いている時期に、最大の勢力を持っていたのが、平清盛率いる平氏でした。ライバルであった源義朝をやぶって源氏の力をそぎおとし、清盛は武士として初めて太政大臣となって、公家(くげ:京都で政治をおこなっていた貴族など)にかわって政治を取り仕切るようになります。

しかし、平氏の世もそう長くは続きませんでした。平氏の政治に反対する人たちが出てきて、平氏に抵抗するようになります。源義朝の子どもである源頼朝もまたその1人でした。頼朝は、義朝が敗れたあとに伊豆に追放されていたのですが、バラバラになっていた源氏一門をまとめて、平氏と戦うために京都に攻め上がりました。

そんな折に、平清盛は病死してしまいます。リーダーを失った平氏はまとまりを欠き、都をおわれることになります。いったんは九州まで逃げていましたが、態勢を立て直して最後の戦へとのぞみます。それが一の谷(現在の兵庫県神戸市)からはじまる戦いです。一の谷に陣を作った平氏ですが、源範頼、源義経らの軍勢に敗れ、船にのって海上を逃げることになったのです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語