manapedia
古代インド文明 ~インダス文明、アーリア人の侵入、バラモン教・カーストの成立~
著作名: エンリケ航海王子
65,006 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ALT


インドといえば、現在世界でも人口の多い国の1つとして知られていますね。
このテキストでは、インドに興った古代文明について勉強しましょう。

インダス文明の成立

紀元前2300年ころから、インド亜大陸に流れるインダス川流域に都市文明が興りました。

この文明はインダス文明と言われ、世界最古の文明の一つです。

インダス文明では、河口近くのモヘンジョ=ダロと、中流域のハラッパーという2つの都市が栄えました。

ALT


(モヘンジョ=ダロ)

2つの都市は、構造が似ていて、平野に築かれた城壁で街を囲み、外敵の侵入に備えていました。また、舗装された道路や、上下水道が完備されていて、安定的な農業の収穫によって支えられた文明だったと考えられています。

このインダス文明は同時期のメソポタアの都市国家とも貿易していたとされていて、青銅器や彩文土器、印章なども使用されていました。

ALT


(インダス文明で用いられた印章)

豊かなインダス文明でしたが、次第に衰退し始め、紀元前1800年頃に滅亡してしまいました。

アーリヤ人の侵入

最初の文明の滅亡後、中央アジアで遊牧生活を送っていたインド=ヨーロッパ語族のアーリヤ(アーリア)人という民族がインドに侵入します。

アーリヤ人の文明では、さまざまな自然現象を祀った多神教が信じられていて、このころ、『リグ=ヴェーダ』という儀式・祭式を記した文献が成立しました。

紀元前1500年頃から紀元前1000年までの期間を、この文献からとって前期ヴェーダ時代といいます。

1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史