manapedia
アメリカ合衆国発展の歴史 ① 連邦派と反連邦派の対立と領土の拡大
著作名: エンリケ航海王子
19,267 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに


ALT


合衆国の成立以降、急速に発展を遂げるアメリカには、どのような歴史的背景があったのでしょう。
このテキストでは、アメリカ合衆国発展史を見て行きましょう。

独立後、アメリカ合衆国では、立場の異なる人々が存在していました。

連邦派と反連邦派

政治的に対立したのは、中央集権化を進めるか、各州の自治権を認めるかという2つの主張でした。

連邦派(フェデラリスト)

連邦派とは、中央政府の権力を強力にすることを目指した人々のことです。東北部の商工業者が支持層で、アメリカ合衆国の財務長官になったハミルトンが代表的政治家です。

ALT

(アレキサンダー=ハミルトン)

ハミルトンは、現在の10ドル紙幣の肖像になっています。


反連邦派

反連邦派とは、各州の権限を尊重しようとした人々のことで、農民や小商工業者が支持層でした。独立宣言を起草し、後に国務長官に就任したジェファソンが代表的政治家です。

ALT

(トマス=ジェファソン)

1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史