manapedia
物理基礎 加速度を使った、速度・時間・距離に関する法則・公式
著作名: 藤山不二雄
605,114 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

初めに

中学校では、距離、速さ、時間という3つを考えていました。

距離=速さ×時間

ですね。しかし高校になると、新しく加速度という概念が出てきます。
例えば、
「時速25キロで走っていた車が、10秒後に時速50キロまで加速しました。このときの加速度を求めなさい」

こういった、より現実に近い問題を考えていくことになります。加速度に関する公式は次の3つになります。どれもよく使うものですので、しっかりとマスターするようにしましょう。

1:速度と時間に関する公式
2:距離と時間に関する公式
3:速度と距離に関する公式

1:速度と時間に関する公式


・vは加速した後の速度
・v₀は加速する前の速度(初速
・aは加速度(単位はm/s²)
・tは時間(単位は秒)

問題をみながら使い方を考えてみましょう。
【問題】
秒速5mで走っていた自転車が、10秒後に秒速10mに加速をしました。このときの自転車の加速度を求めてみましょう。


さきほどの記号にあてはめてみます。求めるのは加速度aですので、これはそのままaで考えます。vは加速後の速度ですので10(m/s)、v₀は加速前の速度ですので5(m/s)、tは加速にかかった時間ですので10(秒)。以上のことから

10(m/s)=5(m/s)+a(m/s²)×10(s) よって
a=0.5(m/s²)が求められます。

次:距離と時間に関する公式


1ページ
前ページ
1/4
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






物理