manapedia
「聞く」と「聴く」の違いと使い分け
著作名: 春樹
79,575 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第4回は聞く聴くについてみていきましょう。

「聞く」

意識しないでただ耳に入ってくる音を受け入れるという場合には「聞く」を使います。例えば次のように使います。

・教室の外から、車の音が聞こえてくる。

これは意識して車の音を耳にしているのではなくて、ただ勝手に耳に入ってくる音をきいているというシチュエーションですね。また、道をたずねるときにも「道を聞く」と使います。

「聴く」

一方で「聴く」は、積極的に意識して音に耳をかたむける場合に使います。例えば次のように使います。

・クラシックのコンサートで素敵な演奏を聴いてきた。

これは、コンサートの音を意識してきいているというシチュエーションですね。授業を聴くやCDを聴くというように、耳をかたむける音が決まっているような場合に使います。

2つの異なる点

聞くと聴くは、実は日本語よりも英語で考えたほうがすんなりと理解できる場合があります。

聞く=hear」で「聴く=listen」です。

listen to musicとはいいますがhear musicとは言いません。これはlistenが音に注目して耳を傾けるという意味があるからなんですね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。