manapedia
「意思」と「意志」の違い・使い分け方
著作名: 春樹
422,103 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第3回は意思意志についてみていきましょう。
「意思」

意思は、自分の考えや思いのことです。例えば次のように使います。

・彼は大学に行く意思はないようだ。

これを簡単に言い換えてみると、彼は大学に行く考えがないらしい。

「意志」

意志とは、ある行動を「する!」とを決意して、その気持ちをキープしようとする積極的な心の持ち方を意味します。個人の中ではっきりと決定された意向、意図をあらわすものですね。例えば次のように使います。

・彼はなんとしてでも大学に行くという意志を持っている。

これを簡単に言い換えてみると、彼はなんとしてでも大学に行きたいらしい。

2つの異なる点

例文で見たように、意思は「考え」という言葉で置き換えられるのに対して、意志には「~したい」という強い感情がはいっているのがわかるはずです。

意思と意志を使った四字熟語

意思と意志をふくんだ言い回しもいくつか存在します。どっちの「いし」を使うんだったっけ?とならないように頭の片隅にいれておきましょう。

意思を使う言い回し

・意思表示
・意思疎通

ちなみに、法律用語では意思を使うことが多いようです。

意志を使う言い回し
 
・意志薄弱(いしはくじゃく)
・意志堅固(いしけんご)




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。