manapedia
順列(P)と組み合わせ(C)のちがい
著作名: OKボーイ
317,968 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

順列と組み合わせ


で計算をする順列と、


で計算をする組み合わせ

この使い分けに迷っている人も多いでしょう。ここではそれぞれの計算式が使われるシチュエーションをみながら、その違いについて勉強してみましょう。

順列

異なるn個のボール中から、異なるr個のボール取り出して1列に並べる
この問題では順列を使います。

1、2、3の3個の数字を並べ替えて3桁の整数を作ります。1度使った数字は2度は使いません。考えうる整数のパターンは何通りできるでしょうか?


これは典型的な順列の問題です。異なるn個を選んで順番をつけて並べる場合は、順列を使いますので、Pを使って計算していきましょう。



で答えは6通りとなります。

異なるn個を選んで順番をつけて並べる場合は、順列


次は組み合わせについて


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。